トップページ

トップページ

【お薬利用手引き集】では薬別にそれぞれの薬の特徴や注意点などを紹介しています。また、以下では5月病について解説しているので参考にして下さい。

「5月病」ってどんな症状?

まず最 初に、「5月病」という言葉には医学的な根拠は無く、これといった定義や概念などはありません。年度始めである4月に就職や入学などをおこなった新社会人であったり新入生であったりが、5月のゴールデンウィークが終わったあたりから気持ちが落ち込みはじめ、やる気が起こらない状態となってしまう様から名前が付けられた症状名です。新社会人の人にとっては、社員研修が終了して、職場のそれぞれの部署に配属となる6月に、なかなか新しい生活になじめずに気持ちが落ち込みやすくなることから、「6月病」という呼ばれ方も最近はされているのです。

どのような原因で5月病となるのか

就職や新学期など、新しい環境のもとでの毎日は、一度に複数の大き な変化が訪れることとなります中でも実家や親元を離れて初めて一人での生活を行う方にとっては、さまざまな
家事も自分だけで行わなければならず、また新しい人間関係を作ることにも留意しなければならず、気持ちの負担や圧力が大きくなり、精神的にも肉体的にも疲労が大きくなってきます。年度始めの4月は新しい生活を始める期待感や新たな人間関係を築くことによる好奇心などで気持ちが満たされていたのに比べて、5月となると気持ちの負担へとそれらが変化して、心身ともに疲弊してしまうのです。これが世に言う「5月病」のきっかけであると言えます。

季節の病である「5月病」がもたらす症状

入学式や入社式などを終えた新入生や新社会人がかかってしまいがちな病気として挙げられるものが「5月病」ですが、この病気が精神面にもたらす症状として、気持ちが落ち込んでしまい、全ての事に対する意欲が失われ、関心を持っていない授業などを受けなくなってしまったり、会社を欠席しがちになってしまいます。
ほかには、億劫な気持ちや、憂鬱な気分、気持ちのイライラなどといった形容で表される抑うつな状態、行動や考えの不安であったり抑制、そして焦燥感などといった、うつ病がもたらす3つの大きな精神面での症状が表面かしてきます。そして身体面にもたらす症状としては、免疫力が落ち込み、風邪などの症状になりやすくなったり、過度にた まってしまったストレスによって「消化性潰瘍」であったり「心筋梗塞」であったり「感染症」などといった症状になりやすくなってしまいます。
「食欲がどうも起こらない」「力が入らない」「吐き気がする」「お腹が下る」なとといった初期段階での症状を始めとして、「夜眠れない」「目眩が起こる」「頭が痛む」「動悸がする」などといった「自律神経に関する障害や症状」が引き続いて引き起こされていくのです。
5月病の改善には「本当のうつ病」にまで症状が進行しない段階で、しっかりとした診察を受けておくことと、うまく気持ちの重圧を切り抜けることが求められます。

対処方法について

対処方法として最も有効 と言えるものは「気持ちの負担を溜め込まない」ということでしょう。自分に最適な気持ちを軽くするためのテクニックを見つけることが大事です。
例えば友だちと話したり、スポーツなどで気持ちのいい汗を流したり、美味しい食べ物を食べたり、音楽鑑賞をしたりライブなどに足を運ぶのも良いでしょう。
他にはショッピングをしたり、お酒を飲むなども気持ちの負担を軽くする方法として挙げられます。しかし気をつけなければならないことは、ストレスを発散する目的と言うことで、過度にご飯を食べたり、お酒を飲み過ぎてしまったりなどということは、むしろ逆効果となってしまう恐れもあります。また、これまでにした事がない。新しいことにトライする事は、日々の生活に活力を与え、良い 刺激をもたらします。
取り立てて、自分が信頼している人や、心を許せる友達と会話をすることは、ストレスや気持ちの負担、マイナスの感情を解消できる事に加えて、会話を行うことで、なぜそのような状態になってしまっているかの問題点などを明確にできるというメリットもあるのです。